MENU

江戸時代より全国から特産物が集まり、市場が栄え商業が発展し、食の情報の発信地となった大阪は、やがて【天下の台所】と呼ばれるようになりました。
大和川の流れる肥沃な河内平野は【菜庭(なにわ)】と呼ばれ、上質な野菜が多く栽培されました。
流れが速く、餌が豊富で多種多様な魚が生息する大阪湾は【魚庭(なにわ)】と呼ばれておりました。
このように全国の食の拠点となり良質で豊かな食材に恵まれた大阪では独自の食文化が発展し大阪料理が確立されてきました。

『京の持ち味、浪速の喰い味』
京都が食材の味を引き立てる淡口とするなら、大阪は食材が本来持っている特有の味を生かしながらも、更に奥行きのある深味を昆布や他の食材で補い、“まったり”とした味わいに仕上げる“喰い味”を大切にする味付けを好む。

弧柳ではこのようなことを踏まえた上で、自分なりの柔軟なエッセンスを加えた独自の大阪料理を表現していきたいと考えております。


お客様にお召し上がりいただく御料理やお茶に使用しているお水は、
すべて大阪・箕面「山の天然湧水」を使っております。

先附
始まりの料理は季節感と期待感を膨らまし、印象に残る一皿を

小鉢
旬の浪速野菜を中心にいろいろな調理技法で表現

魚庭
~弧柳のメインディッシュ~
全国からその日最高の魚介を集めて、いろいろな味でお召し上がりいただくお造り5種

煮物椀
北海道 道南産 三年蔵囲い真昆布と枕崎産荒節
箕面の山の湧水で引いた御出汁を使い、喰い味と季節を意識したお椀物

旬菜
まさに、今が旬の食べていただきたい食材の個性を生かした創意工夫の一皿

魚肴
備長炭にて炭火焼きを中心に季節の魚介類と野菜を組み合わせ、
それぞれの持ち味を生かすような魚料理

猪口
次の料理へと期待感を膨らます、お口直し的な小鉢

肉肴
宮崎牛A5ランク 子供を産んでいない雌牛の三角やジビエなども使いながら
枠にとらわれない調理技法で驚きのある一皿に仕立てる肉料理


コース料金 16,000円
※税・サービス料別